【 岐阜県のモデルハウス見学はどこに行けばいいの?森住建は「まちかどモデルハウス」として岐阜県各所にて公開中】の施工実績をご紹介

0120-68-3149 0120-68-3149

FACE MAGAZINE

岐⾩県の家づくり講座

2021.04.01

岐阜県のモデルハウス見学はどこに行けばいいの?森住建は「まちかどモデルハウス」として岐阜県各所にて公開中

岐阜県のモデルハウス見学はどこに行けばいいの?森住建は「まちかどモデルハウス」として岐阜県各所にて公開中

こんにちは、森住建新築営業部の羽田です。 

 家づくりを考え始めてみたものの、どの住宅会社をパートナーに選んでいいかわからない 」。このような悩みを抱える人は少なくありません。ネットで簡単に情報を集めることはできますが、精査して理解するのは大変ですよね。

そこで、各社の住宅についてわかりやすく紹介している、モデルハウスの見学がおすすめです。

大型住宅展示場のモデルハウスは“現実的とは言えない” 

皆さんがモデルハウスと聞いて思い浮かべるのは、おそらく大型の住宅展示場ではないでしょうか。大型住宅展示場の敷地には、複数メーカーのモデルハウスが建っているので、 各社の特徴を比較・検討しやすくなっています 

また、ほとんどの大型住宅展示場では、建物、資金計画、税、相続など、家づくりに関する話題を取り上げて、セミナーを開催。さらに、親子で楽しめるイベントも開かれているため、おでかけ気分で気軽に足を運べます。

こうしたメリットがある一方、注意点もあります。実は 大型住宅展示場のモデルハウスは、最新かつ最高のグレードでつくられており 、多くの来場客が見学しやすいよう、空間も広々。ですので、モデルハウスをそのままカタチにすると、一般的な住宅以上の価格になることが予想できます。

 なるべく等身大の家づくりを目指すには、現実的とは言えない かもしれません。 

 お施主様が実際に建てた家を活用したモデルハウスは“現実味がある”

大型住宅展示場のモデルハウスはほとんどが常設型。これに対し、お施主様が実際に建てられた住まいを、見学用にメーカーが借りて期間限定公開しているモデルハウスもあります。

森住建のモデルハウスは期間限定型。「 まちかどモデルハウス 」と呼ばれ、岐阜市近郊・西濃・中濃(一部)でオープンしています。 

「まちかどモデルハウス」には、次のようなメリットがあります。 

  • PR要素の強い大型住宅展示場のモデルハウスよりも、現実的なサイズでイメージがしやすい
  • 等身大の住まいを体感できるからこそ、広さや動線、インテリア、設備、価格が参考になり、自分たちのプランに取り入れやすい
  • 自分たちの好みやマイホームのトレンド、傾向も細かく分析できるので、建てたい家のイメージが膨らむ
  • 「なぜこの間取りなのか」「なぜこのデザイン・色なのか」「なぜこの高さなのか」といった、お施主様の思いを汲み取った上で見学ができる

実際に森住建のモデルハウスを見学していただくと、このようなメリットを感じながら、家づくりの特色もおわかりいただけるかと思います。また、 お施主様が実際に建てられた住まいを見学することによって、家づくりの大きな一歩を安心して踏み出すことができる でしょう。 

森住建の「まちかどモデルハウス」は個性が自慢

>>写真参考/【開催終了】『浮き屋根の家』まちかどモデルハウスOPEN中!

森住建が公開してきた「まちかどモデルハウス」について、これまでの事例を簡単に紹介していきます。 

岐阜市/広いLDKを希望する方必見、ダウンフロアのある心地よい家

家族が憩いの場としてもっとも活用するLDK。限られたスペースのなかでも 開放感が感じられるよう、壁付けキッチン(背面キッチン)を採用 しました。アイランド型のキッチンよりもデッドスペースが生まれにくいので、リビングとダイニングにスペースを割くことができます。

さらに、リビング部分はキッチン・ダイニングよりも一段下げ、天井に勾配をつけました。LDKの空間でも 高さに変化がついた分、開放感もアップ しています。

神戸町/共働き夫婦のための1階完結型家事動線の家

洗濯機から干し場、収納場所の 動線を一直線にすることで、洗濯にかかわる家事移動が最短に なるように設計。なお、この干し場は天候を気にせず干せるので、日中の不在時に雨が降っても洗濯物が濡れる心配がありません。 

関市/ハイクラスを求めたデザイナーズ住宅

自然のエネルギーを活用しながら、「夏は涼しく、冬は暖かく」を実現する「 パッシブデザイン 」を採用。木材とコンクリートによる、サイディングのコントラストが特徴的な外観は、ひときわ目を引くでしょう。

玄関に入ってすぐの廊下に取り付けられた、飾り棚や格子扉、木目が映える洗面台やアイランドキッチン、木材とアイアンが調和した階段など、室内にもこだわり満載の住宅です。 

 

これらの「まちかどモデルハウス」は、 お施主様のご厚意で公開 しています。見学できる期間はそれぞれ異なり、数日限定の場合もあれば、1カ月~2カ月といった長期見学が可能な場合もあります。 

現在公開中の「まちかどモデルハウス」は、公式HP見学会・イベント情報」からご覧いただけます。見学できる物件は随時変わりますのでご注意ください。見学を希望される方は、 直接森住建にお電話いただくか、ホームページにある予約フォームやチャットからもお申し込みできます 

宿泊可能なモデルハウスを活用すれば、新しい暮らしのイメージがどんどん固まる

森住建には常設型のモデルハウス「マモリエ」もあり、森住建岐阜本店のすぐ南側に建っています。 ここで、「マモリエ」の見どころをちょっとだけご紹介します。

〇1階フロア
・シンボルツリー
玄関前にあるのは落葉広葉樹のアオダモ。「子どもの成長をシンボルツリーと一緒に記録してほしい」と想いを込めて植えました。 

・収納棚
子どもの通園カバンやランドセルをしまっておける、大容量の収納力に注目です。 

・多目的畳コーナー
勉強や昼寝などちょっとした用途で使える小上がりの畳スペース。キッチンから見渡せるので、子どもの様子もうかがえます。 

・キッチン
広々としたスペースを確保し、2人での調理もゆとりをもって楽しめます。 

・ランドリースペース
脱衣室・洗面所は、洗濯物を干すランドリースペースとしても活用できます。また、勝手口がついており、わずか3歩で外干しスペースへ移動できるので、重い洗濯物もラクに運べます。 

〇2階フロア
・小屋裏収納
季節用品、サイズアウトした子ども服、幼保育園や学校でつくった工作物など、一時保管場所としても最適です。 

・子ども部屋
子どもが成長したら間仕切りをつけて、2部屋にカスタマイズもできます。 

2020年1月に完成した「マモリエ」は、なんと 宿泊が可能 。通常のモデルハウス見学は昼間に限られ、長時間の見学は難しいものですが、宿泊可能にすることで、 動線や収納、採光性、断熱性、遮音性などを、じっくり体感していただけます 。実際に過ごしてみることで、 家族が新しい家で生活するイメージも湧きやすくなる でしょう。 

「マモリエ」での宿泊を体験したい方は、「まちかどモデルハウス」の見学予約と同様、お電話のほか、ホームページの予約フォームやチャットからお申し込みいただけます。なお、 森住建で新築をご検討中で、宿泊体験後も当社の営業担当と継続してご商談をしていただける方が対象 です。 

>>「マモリエ」の見学予約はコチラから!

はじめての家づくりは誰もが手探りで不安なもの。だからこそ、 マイホームのイメージが湧きやすく、家づくりに対するモチベーションを抱きやすい「まちどかモデルハウス」の見学がおすすめ です。もちろん、「マモリエ」に宿泊していただくと、さらに有益な情報も得られるでしょう。見学会も宿泊体験も、 新型コロナウイルス感染症対策を万全にして行っています ので、どうぞご安心ください。皆さまからのお申し込みをお待ちしています。 

羽田りか

プロフィール

羽田りか新築事業部・営業課

大学卒業後、販売職を経験して住宅業界へ。森住建で働き始めたのは2019年1月から。「お客様の幸せを第一に考えます」という森住建の行動指針と、自身の営業スタイルが合致したことから入社を決意した。現在は、自分らしい営業がのびのびとできるからこそ、日々の仕事にやりがいを感じている。なお、資格マニアな一面もあり、住宅ローンアドバイザー、デコクレイクラフト認定講師など、複数を所有。さらに風水アドバイザーの取得も検討中。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • PREV

    吹き抜けのある家を建てると“後悔する“ことも!?失敗しないためのポイントと実例紹介

    家づくり講座

    吹き抜けのある家を建てると“後悔する“ことも!?失敗しないためのポイントと実例紹…

    2021.02.01

  • 一覧