岐阜の注文住宅・新築一戸建てなら
森住建におまかせください

FACE MAGAZINE

フェイスマガジン

FACE MAGAZINE

森住建 SDGs廃材活用プロジェクト!! —「もったいない」を「価値あるもの」へ―

2022.03.17

こんにちは、森住建 新築営業部の川坂です。

今回は若葉会でSDGsを意識した新たな取り組みとして始動した廃材活用プロジェクト』についてご紹介します。

 

若葉会とは―
入社1年目の社員が中心となり、社内企画の運営や、新たなPJを企画・運営を行う会です。
会社をより良くするため、また地域社会をより良くするためにはどうしたらいいのか、入社一年目のフレッシュさを活かして活動しています。

お家を建てる際に、使いどころがなくてどうしても余ってしまう木材の数々。
その多くは何かに使われることなく、廃棄されてしまいます。
弊社の池田町藤代にある倉庫にも、そういった木材がたくさん眠っているのが現状です。

その現状を少しでも改善したい。

「もったいない」を少しでも減らし、それを必要としている方の元で、
「価値あるもの」へと生まれ変わってほしい。

そんな願いを込めて、このたび私たち若葉会は「廃材ボックス」を設置しました。

このボックスは、若葉会のメンバーである設計部の内藤が設計を担当、工務部の長谷川が藤代倉庫に眠っていた廃材を利用して作成したものです。

設置場所は、薮田にある岐阜本店の入口の左側です。
また、中に入っている木材のラインナップはこのようになっています。

※時期によって、大きさや種類にばらつきがあります。木材の減り方によって、若葉会が不定期に補充していきますので、ご来店いただくタイミングで在庫の状況が変わる恐れがあります。予めご了承ください。

大きいものから、小さいものまで…。
DIY好きのお客様や、お子様の工作なんかにもぴったりです♪

もちろん、これらの木材は全て無償でご提供させて頂きます

ご来店された際には、ぜひ少しだけ中をのぞいてみてください。
もしかしたら掘り出し物が見つかるかも…?(^^)*

気になるものがあれば、お近くのスタッフまでお気軽にお声がけください。

 

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

22期若葉会一同

 

【プチ情報!】
\お客様が廃材を「素敵な折り畳み式机」 に生まれ変わらせてくださいました☆/

 

実際にこれを作ってくださったお客様からは、
「ホームセンターで脚のみを購入し、ドライバーだけで簡単に作ることができました!」
「ちょうど木材を探していたところだったので、こんなに良い木を無料で頂けるなんて…本当にありがとうございます」
というお声を頂きました。

 

捨てられるはずだった木材をこんなに素敵にして頂いて、私たちも非常に感動しましたし嬉しく思います。
きっと木材も喜んでいるはずです…(^^) ♪

これからもたくさん活躍してくれることを願っております!

 

~森住建の家づくり~
森住建の新築住宅について
施工事例
見学会・イベント情報

新築のご相談店舗
→岐阜市周辺にお住まいの方
森住建 おうちLABO 岐阜本店
→岐阜西濃地域周辺にお住まいの方
森住建 おうちLABO 池田店
→岐阜中濃地域周辺にお住まいの方
森住建 おうちLABO 関店

★森住建にお気軽にお問合せ下さい!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

森住建は岐阜県西濃地域での注文住宅着工棟数が10年連続No.1

私たち森住建は住宅設計・空間デザインから施工まで、お客さまの家族みんなが幸せに暮らせる住まいを実現する、お客さま第一主義の工務店です。

多くの人にとって一生に一度しかない家づくり。森住建は「愛する家族を、守る家。」をコンセプトに、全スタッフがお客様とFace to Faceのお付き合いで、人との繋がりを大切にした家づくりを行なっています。

森住建の住宅は、全棟長期優良住宅に対応しており、SE構法など耐震等級3の高い耐震性、高気密・高断熱な家づくりで愛する家族と住まいをお守りします。また、SE構法による大開口な住空間もお任せください。

岐阜県西濃地域で注文住宅・新築一戸建て・デザイン住宅をお考えの方は、森住建にお気軽にお問い合わせください。

施工エリア:揖斐郡、大垣市、安八郡、不破郡、養老郡、本巣市、本巣郡、瑞穂市、岐阜市、山県市、羽島市、羽島郡、海津市、各務原市、関市、可児市、美濃市、美濃加茂市

CONTACT

森住建の家づくりについて
お気軽にお問い合わせください

見学会・セミナーなどの最新情報や
施工事例を随時お届けします