【 「自分の家より良い家ができた」と設計士が胸を張る自信の平屋住宅】の施工実績をご紹介

0120-45-3149 0120-45-3149

暖森の家

「自分の家より良い家ができた」と設計士が胸を張る自信の平屋住宅

岐阜県揖斐郡池田町 K様

「自分の家より良い家ができた」と設計士が胸を張る自信の平屋住宅

今回訪問したのは、揖斐郡池田町のK様邸です。南向きの広い敷地を生かした平屋建ては、通りすがりの人が足をとめるほどスタイリッシュ。

実はK様ご夫婦、はじめは別の建築会社に依頼し、設計の段階まで進んでいました。
しかし、その会社の施工能力に不安を感じたため、困ったご夫婦は、奥様のお知り合いに相談されたそう。
 
それが、森住建の営業担当の藤井さんだったといいます。左官職人という、建築の知識と経験が豊富なご主人と、美容師という、美意識が高くセンスの良い奥様のご夫婦が求めるのは、『おしゃれでかっこいい、暮らしやすい家』でした。

共働きのご夫婦と、ローティーンの3人のお子さんが求める家とは? ご新居の引渡し前ということで、設計士の桐山さんにご案内いただきました。

まず目を引くのは、その個性的な外観です。
東側が開けたコの字型の平屋、通りに面した南側に家族の寝室を集め、外壁には、塗壁と天然木のレッドシダーを組み合わせました。
傾斜をつけた庇(ヒサシ)は、強い日差しを遮り、壁を守るのはもちろん、見る場所によって表情が変わり、広さと奥行きをより感じさせてくれます。
 
また、ご主人の本業だけに、外壁は汚れが付きにくいこだわりの塗装で仕上げられ、メンテナンスもラクラク。
窓や天然木、壁を直射日光や雨から守りつつ、シンプルでモダンな印象になっています。

コの字の切れ目となる南東部分には、コンクリート擁壁と植栽を配しました。エクステリアのアクセントとなるだけでなく、スマートに人目を遮ってくれます。
 
それぞれにお仕事を持ち、ご多忙なご夫婦のために、エクステリアは極力手のかからない設計にしました。防草シートを敷き詰め、ゴロタ石を配し、植樹を3本に厳選。
エントランスのシンボルツリーには、奥様リクエストのオリーブを。コンクリート壁と家の間には、目隠しにもなるシマトリネコを。人工芝を敷き詰めた中庭には、四季を感じさせてくれるタモを植えました。

東側のパーキングから玄関へ延びる、2本のアプローチも印象的。
 
左は駐輪場、右は玄関へ続いています。玄関前のスペースを最大限に活用し、レッドシダーの天井の駐輪場とエントランススペースを設けました。
お子様が3人いらっしゃると、自転車やヘルメット、レインコート、傘など必要になってきます。
玄関と直結した屋根付きの自転車置き場なら、雨の日の通学準備もスムーズ。
自転車の寿命もかわってきそうですね。
 
駐輪場と玄関を仕切るブラックアイアンは、手すりとしてはもちろん、濡れたレインコートや傘をかけておくのにも便利です。

玄関の正面奥には、広い土間収納を設けました。
5人家族全員の靴などがきちんと収納できます。
上部には電動式の窓を設置し、リモコン操作で換気もスムーズです。

玄関ホール左手の引戸のハイドアを開けると、そこは中庭から光が差し込む広々としたリビングスペース。
 
白・グレー・茶で統一された空間に、まっすぐに伸びる白い廊下とレッドシダーの天井が、さらに奥行きを感じさせます。天気の良い日には大きなリビング窓を開け放ち、濡れ縁風のテラスへ。
人目を気にせず中庭を楽しめるのはもちろん、シーツなどの大きな洗濯物を干すのにも便利です。

8畳のリビングは、段下がりの床と勾配のある天井で落ち着きと広さを演出。
埋め込み式の間接照明や布張りの特注家具を採用し、上質なくつろぎ空間となっています。段差に腰を掛ければ北側の窓越しにご実家の様子がわかり、ほどよい距離感でお互いの暮らしを見守ることができます。
 
入口すぐの廊下左手には、家族共用のクローゼットを設置。外から帰宅してすぐ、部屋の中に入る手前で、それぞれの荷物がワンストップで収納でき、みんなのものが散らかりやすいリビングをすっきり保てます。外出の支度もスムーズになり、お子さんたちの忘れ物防止にも役立ちそう。

クローゼットの隣には、窓のあるデスクスペースを設けました。パソコンで調べ物をしたり、ちょっとした書き物をしたり、リビング学習にも活用できます。

15.5畳のダイニングキッチンの奥には、奥様のこだわりはキッチンが。
 
リクシルの最上級モデル『リシェル』は、焼き物ならではの味わいが特徴で、スタイリッシュなインテリアに溶け込み、上質な存在感を放ちます。
セラミックのワークトップは、熱い鍋やフライパンを直に置いたり、包丁を直接使ってもキズつきにくいほど丈夫。
汚れが染み込みにくいためお手入れも簡単です。
下ごしらえから調理、後片付けまで、料理という作業を効率的にアシストしてくれそう。前面にも収納をつけ、ダイニングテーブルで使う多様な小物もすっきりと収納できます。

キッチン背面には収納力抜群のカップボードを設置しました。
 
光沢のある白タイルとグレーの目地の高級感のある壁は、プロであるご主人の手によるもの。汚れが付きにくく、サッと拭くだけで美しい光沢をキープできます。
あえて吊り戸棚を設けず、広いLDKから中庭、ランドリールームまで一目で見渡せるのも奥様のお気に入りのポイントだそう。

共働きのご夫婦が1番こだわったのがランドリールームです。
 
コの字の中央にあたる部分をランドリースペースに定め、断熱材入りの壁を採用。
ランドリールームとLDKをつなぐ扉には、施錠ができる外用の扉を使用しており、外出時でも安心して窓を開けて室内干しができます。
 
中庭に面した東面に大きな腰高窓をつけ、窓の左右は外開きになるウィンドキャッチ仕様にしました。外気をたっぷり取り込むことができ、一年中、ほぼ自然乾燥できそうです。

バスルーム・パウダールーム・トイレなどの水回りのすぐ横、キッチンの隣にランドリールームを設計したため、脱衣・洗濯・干す、の家事動線が実にスムーズ。
ランドリールームには大容量のオープンシェルフを設置、家族みんなの洗濯物の仕分け・収納がその場でできるのも機能的です。

南側には家族みんなの寝室を設置しました。ご夫婦、息子さん、娘さんお二人それぞれにクローゼットを配した寝室をご用意。
白で統一した壁と廊下、天井に埋め込んだダウンライトが照らす奥行きのある空間に、4つの部屋が並ぶ様子は、都会的でホテルライクな雰囲気。

寝室のインテリアは、床や壁紙、照明まで、一人ひとりがお好みのものをチョイスしました。個性が感じられるおしゃれな仕上がりとなっています。
 
お子さんたちが独立した後には、夫婦の収納部屋として使えるよう、息子さんのお部屋には大きめのクローゼットを設置してあります。

『おしゃれでかっこいい、暮らしやすい家』。
 
そんな自分たちの思い通りの家を建てたいと、森住建を訪れたK様ご夫婦。コの字型の平屋、というコンセプトはそのままに、内容をガラリと変えた森住建のプランを見て、「これがいい。ぜひお願いします。」と即決されたそう。

「おしゃれ」「かっこいい」「暮らしやすい」という言葉からイメージするものは、人それぞれ違います。
K様ご夫婦の頭の中だけにあるイメージを、家という現実のカタチに落とし込むためには、何が大切だったのでしょう?

「そうですね。まずお客様の話を聞くこと、心を傾けてきちんと拝聴するという姿勢が、一番大事なのではないでしょうか。」と桐山さんは話します。
 
「例えば『トイレは居酒屋風にしたい』と言うご要望が、ご夫婦からありました。居酒屋といっても、いろんな居酒屋がありますよね。
そこで、私たちはご夫婦からのお話を聞き、ご夫婦のイメージを把握した上で、お好みに合いそうな映像や画像をできる限り用意しました。」

「頭の中のイメージを言葉だけで正確に伝えるのは難しいものですが、たくさんの画像をお見せするうちに『こういう感じが好き』『これは違う』などとお客様の好みが見えてくる。
 
ご夫婦の間でズレがあった場合も、この作業で確認することができます。
イメージを共用したうえで『こんな素材にするとお手入れがラクですよ』『こちらにすると予算内に収まります』などと、ご要望や納期、予算に合わせて、実現可能な方法をとことん探していきます。
こうして、焼杉の壁に焼物の洗面ボールを使った、世界でひとつの和モダンなトイレが出来上がったんですよ。」と当時を振り返ります。

「お客様が他社ではなく私たちの家を気に入ってくださったとすれば、それは、手間を惜しまず、時間の許す限り、お客様のお話を聞くこと。
そして、営業・設計・コーディネーター・工務からなる担当チーム全員が、お客様のご要望をきちんと把握した上で、具体的なアイデアを出し、お客様に喜んでいただけるものかどうか確認する、その作業を一つ一つ丁寧に繰り返してきたという点でしょうか。」

桐山さんはさらに言葉を続けます。
「インテリアやエクステリアなど、目に見える部分は、お客様が確認しやすい部分でもあります。が、私たちは、お客様に長く住んでいただく家づくりの為に、見えない部分にこそこだわっているのかもしれません。
 
例えば基礎づくり。
土台となる地中のコンクリート部分には、通常、直径10ミリの鉄筋を200ミリ間隔で設置することが多いようですが、森住建では、直径13ミリの鉄筋を150ミリ間隔で施行しています。
太い鉄筋を細かく配置することで、より頑丈な土台となるんです。
すべての家で地盤調査をし、必要であれば、不同沈下を起こしにくい『大べた基礎』にすることもあります。

また、震災への意識がかつてないほど高まっている今、従来の『耐震』から『制震』、つまりゆれを制御する工法を積極的に採用しています。
 
壁の中に制震ダンパーを設置することで、ゆれを吸収し逃すことができ、万一の時にも安心です。さらに、建物の外周に『耐力面材』をはりめぐらしていますが、これは地震だけでなく、台風や火災にも強い。湿気を外に出す機能もあるので、家も長持ちします。」

このほかにも、『最長30年・最高5,000万円・免責金額0円』という破格の地盤保証や、第三者機関・社内点検による9項目もの検査、引き渡し後の永年訪問メンテナンスサービスなど、他社ではまねのできない手厚い仕組みがあるのも森住建ならでは。
 
お客様の夢の住まいを、プロの知識と経験で、100%実現する。そんな家づくりへの森住宅の自信が可能にした、お客様のための万全のシステムと言えるでしょう。

「数年前に自分で設計して自分の家を建てましたが、それより、いい家ができました。隅から隅まで、全部、知っていただきたい。見ていただきたい。絶対に住みやすい、100%自信作です。家を建てるたびにそう思うんですけどね。」と桐山さんは笑います。

平屋ならではの問題点、動線の長さやプライバシーの確保をどうするかを考えながら、ご家族のイメージする家づくりを心がけたという桐山さん。
 
ご夫婦はもちろん、お子様たちも、「素敵な家ができたね」「早く住みたい」と、お引越しの日を心待ちしているそうです。しっかりとした土台の上に立つ素敵な住まいで、K様ご家族の幸せな暮らしと笑顔が大きく花開くことでしょう。