【 ラクに、楽しく。共働きのご夫婦を支え、ともに成長する家】の施工実績をご紹介

0120-45-3149 0120-45-3149

暖森の家

ラクに、楽しく。共働きのご夫婦を支え、ともに成長する家

岐阜県岐阜市 M様

ラクに、楽しく。共働きのご夫婦を支え、ともに成長する家

今回訪問するのは、岐阜市太郎丸の住宅街の一角。
南北に広がる恵まれた敷地に、片流れの屋根が印象的なM様邸です。

M様ご一家は、体を動かすことが大好きなご主人と、育児休暇中の奥様、1歳になるお子様の3人家族。「家を建てよう」と思われたきっかけは、森住建が過去に手掛けた平屋の家の見学会でした。
奥様が職場復帰された時や、家族が増えた時のことを考えていた時、「家のどこにいても子供の様子がわかり、動線が短くて家事がラクにできそう」との印象を持たれて、森住建との家づくりが始まりました。
日当たりの良い広い土地を入手されたため、平屋も十分可能でしたが、土地や周辺環境、ご家族のご希望を吟味した上で森住建が提案したのは、1階で家事・育児が完結し、2階には、成長したお子さんや暮らしの彩りとなるスぺースを配した、現在のスタイルでした。その工夫を詳しくご紹介していきましょう。

ダークグリーンの塗り壁に、天然木のサインディング。シックな色合いに、片流れの屋根がモダンです。素材のもたらす高級感と迫力のあるデザインで、シンプルな中にもインパクトのある外観に仕上がりました。屋根の傾斜にあわせて窓は特注品を使用。外観のポイントとなるだけでなく、家全体に明るさとぬくもりを与えてくれます。
南西のキューブ型のスペースには、バス・洗面・室内ランドリーを配置しました。毎日の洗濯をラクにしてくれる、共働きのご夫婦が考えたこだわりの空間です。屋上スペースはルーフバルコニーに仕上げました。

敷地の南面には屋根付きの2台分のパーキングを完備。まっすぐに伸びたシンプルなアプローチが敷地の奥行きを強調します。
リビングに面した南向きのオープンエアウィンドウと、室内ランドリーに面した東向きのオープンエアウィンドウをつなぐように、L字型のウッドテラスを設けました。
サンシェード完備で、真夏の日差し対策も万全です。天然芝とオリーブが植えられたお庭まで一目で見渡すことが出来、ブラウンの目隠し壁で道路からの視線も気になりません。
庭には天然芝と砂利を配置し、ゴツゴツした黒い岩石がアクセント。
「ガーデニングにはあまり手をかけられない」というご夫妻のために、森住建のスタッフが提案したスタイルで、手を焼く雑草をスマートにブロックしつつ、最小限の手間で美しい庭を長く維持できます。

玄関ホール左手には、広く明るいLDK。
北側にはウォークインクローゼット付きの主寝室とトイレを配置し、西南には、脱衣洗面所・バス・室内ランドリースペースをまとめて設計しました。
小さなお子様が起きてから眠るまでの暮らしがすべて1階で完結するため、ストレスフリーに暮らせます。
子育て世代はもちろん、将来シルバー世代になったときにも安心な生涯設計になっています。

玄関に入ると、まず目を引くのが右手に掲げられたご主人の高級ロードバイク。スポットライトで照らされた様子はインテリアとしても存在感抜群。玄関にあるので出し入れがしやすく、盗難の心配もありません。
壁の上部に掲げることで、玄関フロアが広くすっきりと使用でき、お子様のいたずら防止にも効果的です。
玄関奥には棚を備えた土間収納を配置し、ベビーカーや傘などもラクラク収納できます。玄関側、廊下側どちらからも利用でき、買い物の荷物のちょい置きにも便利。土間収納の手前にはブラインドがあり、急なお客様でもワンアクションで目隠しできます。

リビングの扉を開けると、そこは20.5帖の広々としたLDK。
吹き抜けが開放的なリビングには、4つの高い窓から自然の光が差し込み、安らかさと落ち着きを感じさせてくれます。リビングの床を一段下げるダウンリビングを採用しており、天井の高さとリビングの広さをより実感できます。
肌触りの良いライトブラウンのカーペットを敷き詰めてあるので、お子様が寝そべって絵本を見たり、時にはみんなでお昼寝したりと、家族の憩いのスペースとなっています。
段差は腰をかけるのにちょうどよい高さで、たくさんのお友達が遊びにきたときにも便利。
みんなでくつろぐリビングは、みんなのモノが集まりがちです。そこで、段差をすべて活用し、引き出しや棚などの収納スペースを設けました。リビングで使うものをその場ですっきりと片づけることができ、いつでも気持ちの良い空間が維持できます。
ダイニング・キッチンには大理石調のフローリングを採用しました。シックなカラーでまとめた高級感のあるインテリアにマッチするだけでなく、お手入れが簡単なのも魅力。床暖房完備で、天井のファンを回せば、真冬でも家全体が春のように心地よいぬくもりに包まれます。
リビング扉のすぐ右手にはクローゼットがあり、上着やかばん、帽子などがワンストップでスムーズに収納できます。お子様のお片付けの習慣づくりにも役立ちそうですね。

白を基調にしたこだわりのキッチンは、使いやすさとスタイリッシュさを両立させた清潔感あふれるスペース。
家族がいっしょに食事をする団らんの場所は、生活感が出やすい場所でもあります。そこでキッチンでは、『見せる収納』と『隠す収納』のバランスに配慮しました。
背面上部には飾り棚を配してお気に入りのインテリアや食器をオープン収納し、背面の低い場所の収納には扉をつけました。
コンロ奥にはスクリーン付きの棚を設置しました。
食材や調味料等の場所が一目でわかり、調理しながら出し入れしやすくなっています。調理時以外は、スクリーンを閉めればすっきりとした印象に。
キッチン手前のカウンターにも扉付きの収納スペースを設置し、暮らしに欠かせないこまごまとした物の居場所をスマートに確保しました。
「調理をしながらリビングからお庭まで一目で見渡せるのでどこにいても子供の様子がよくわかり、家事がはかどります。扉やスクリーンを閉めればすっきりとした印象になるのもいいですね。」と奥様。
パントリーや勝手口も最短の動線で移動できるよう設計されています。

小さいお子様がいる毎日の暮らしで絶対に欠かせない家事といえば、やはり食事づくりとお洗濯ではないでしょうか。
そこで、M様邸では、キッチンの隣に、バス・洗面脱衣室・室内ランドリースペースを配置。調理と洗濯の家事動線を最短にしました。
東向きの日当たりの良い室内ランドリースペースには南面にも窓を設計し、通風性抜群。
夜の洗濯や部屋干しもおまかせです。洗濯物がない時には、物干し竿本体が天井にすっきりと収納でき、リビングの延長としても使えます。
東の窓の外側には、リビング窓から続く、床と同じ高さのL字型のウッドデッキがあり、室内干し・外干しどちらも実にスムーズ。
ウッドデッキにはUVカット率90%以上の専用シェードを備え、真夏の日差しはもちろん、目隠しとしても大活躍します。
シェードを使わない時には建具の一部となるスマートなデザインも魅力です。室内ランドリースペースの西側は壁全面を利用した大収納スペース。乾いた洗濯物を取り込みながら、その場で収納できるのもポイント。
リビングと一続きになった、広く明るいスペースだから、家族みんなで楽しく片づけられそう。
リビングとの間に設けたロールカーテンを降ろせば、部屋干し中の洗濯物などをスマートに目隠しできます。

毎日使うお風呂は、思い切って南西に設計したため、明るくさわやかな印象に仕上がりました。西の窓からの通風と採光で、梅雨の季節も最小限のお手入れで快適なバスタイムが過ごせます。

ダイニングテーブルの隣には、造り付けの机を設け、ワークスペースにしました。家族と同じ空間で、PCで調べ物をしたり、ちょっとした書き物をしたり、書類を整理したりと、作業がはかどります。将来的にはお子様のリビング学習スペースとしても活用できます。

リビングから廊下を挟んだ北側には、独立性の高い7帖の主寝室があります。パッと目を引くブルーのアクセントカラーは、ご主人のラッキーカラーだそう。
2.5帖のウォークインクローゼットは3面を棚にしてあるため収納力抜群。
リモコンで開閉できる換気窓を設けてあり、大切な衣類や鞄、靴などの保管も安心です。トイレの場所も近く、トイレトレーニング中のお子様も安心です。

玄関ホール奥には4.5帖の和室を設けました。床の間には黒敷石と曲線の飾り板、墨色の壁紙、パルプ紙畳、照明に至るまで、和室のイメージを超えた「映える」スペースに仕上がっています。お客様のおもてなしはもちろん、お正月や節句などの四季の行事の時にも活躍します。

階段を上がった西面全面、トイレの近くに、約10帖の子供部屋をご用意しました。出入口とクローゼットを二つ設け、仕切りをつければ独立した2部屋として使えるよう設計されています。お子様の成長や好みにあわせてアレンジできるよう、白を基調としたシンプルな空間となっています。

子供部屋南の屋上には柵を設け、照明・電源・水道を完備したルーフバルコニーに仕上げました。おうちキャンプや水遊び、家のお手入れや網戸のお掃除など、何かと使えるスペースです。

廊下に設置してある長机は移動可能。リビングを見ながら読書をしたり、子供部屋に持ち込んで勉強机にしたり。お子様の成長やご家族のニーズに合わせてさまざまな使い方が出来るシンプルな机をご用意しました。

吹き抜けの窓の高さにあわせて、黒いアイアンがおしゃれなキャットウォークを設置。インテリアのポイントになるだけでなく、窓ガラスや天井のファンのお手入れなどにも便利です。お子様が小さい間は、安全のため出入口に壁を設けて通行できないように加工してあります。

片流れの屋根の東面は、傾斜を生かした約11帖のスペース。収納はもちろん、シアタールームにしたり、お子様の秘密基地にしたり、さまざまな使い方ができます。高さ1.4m以下に設計してあるので、建坪に算入されず、固定資産税等でのメリットも期待できます。

シアタールームと廊下から出入りできる5帖のスペースは、アクティブなご主人のためのトレーニングルーム。
ストイックな雰囲気のコンクリート打ち放し風の壁紙がトレーニングにぴったりです。
「2階にあるので、テレビを見ながら、時間を気にせずいつでもトレーニングできます。」とご主人。
将来はお子様もいっしょに楽しくトレーニングしているかも?

共働きのご夫婦が考えた、家事ラクな家。
平屋からスタートした住まいづくりは、1階で生活が完結でき、2階に子供部屋や趣味のスペースを設けることで、生活のしやすさと暮らしの彩りを見事に両立させた家となりました。
家族の成長にあわせて、家に求められる役割も変わっていきます。お客様の今のニーズにお応えするのはもちろん、お子様の成長や家族構成の変化、ご家族の将来までも見据え、年代ごとに最小限の手を加えることで、その時々の家族のニーズにあわせた最適なステージとなる。
そんな生涯設計の住まいが実現しました。
これも、新築はもちろん、リフォーム・リノベーション部門を社内に抱え、120年以上の実績を持つ森住建ならではの強みといえます。
「家を建てて引き渡したら終わり、ではなく、そこからが本当のスタートです。」と担当営業の大角は言います。
「お客様に無理はさせない。でも、絶対に後悔はさせたくないんです。お客様のいい人生のために、いつでも真っ向勝負です。」
元高校球児大角ならではの熱い思いがカタチになった、幸せな家の誕生です。