岐阜の注文住宅・新築一戸建てなら
森住建におまかせください

FACE MAGAZINE

フェイスマガジン

FACE MAGAZINE

ソファ選びに迷った方必見! 暮らしに合ったソファに出会うためのポイント

2022.03.03

こんにちは、森住建 設計部の永井です。

リビングでくつろぐために、ソファは必須アイテムですよね。
サイズや形が様々ですので、使ってみてなんか違うな…とならないために、『ソファ選びの5つのポイント』をご紹介します。


それでは、ソファ選びのポイントを一つずつ詳しくお話をしていきましょう。

1.ソファのサイズ

≪3人掛け≫
幅170~200㎝が主流
≪2~2.5人掛け≫
幅140~170㎝が主流
≪1人掛け≫
幅60~90㎝が主流≪カウチ・コーナーソファ≫
幅230~280㎝が主流

ソファを何人で使用するか、どのような形にするかによって、幅・奥行きが変わってきます。

『わが家のリビングにはどのサイズのソファがいいのかな?』

となりますよね。
そんな時はお部屋のサイズを正確に測ってみてください!
さらにもう一つ重要なことは、ソファを置いた後の生活動線です。

『ここを洗濯物を持って通りそう』
『他にもこの家具を置きたいな』

など、人の通り道や他に置きたい家具との隙間も考えければなりません。
実際にソファを置いた後に後悔しないためにも、サイズ選びは重要です。

 

2.ソファでの過ごし方

ソファの形状は単にデザインの違いだけではなく、目的に応じた使い方があります。
家族で並んで座りたい、一人で落ち着いて座りたい、独り占めしてソファで寝転がりたい…

そんな家族のソファで〇〇したい!
を選び方の基準として形状を考えてみてはいかがでしょうか?

 

3.座り心地

そもそもソファは座って過ごすのが大前提なので、座り心地は非常に重要になってきます。
その座り心地を左右するのは、座面で使用している素材、座面下の内部構造です。

座面で使用している素材としては、【チップウレタン】【フェザー】【ウレタン】【シリコンファイル】の4つが主流です。
また、座面下の内部構造は【ウェービングテープ】【S字バネ】【ポケットコイル】の3つがあります。
それぞれ柔らかさや弾力、耐久性も違いますし、内部構造の違いによって座り心地も違ってきます。

長時間座っている場合は固い素材の方が疲れにくいとも言われますが、人によっては “ソファは柔らかい方が好き” など好みも様々です。
文章で読むだけでは分からないことも多いので、何よりも体感されるのが一番だと思います!
いくつかの家具屋さんに行って、たくさんのソファに座ってみて『これだ!』と思うものを見つけてみてくださいね(^^)

 

4.素材

張り地はソファーの表面に使用されている生地のことで、この素材が一番気になる方も多いのではないでしょうか。
下記のような素材がポピュラーです。

◆レザー(本革)
メリット:耐久性が高い、経年変化が楽しめる
デメリット:メンテナンスに専用のクリーナーが必要、湿気や高温に弱い

 

◆ファブリック(布)
メリット:色柄が豊富、比較的安価
デメリット:汚れに弱い、ダニが気になる

 

◆フェイクレザー(合皮)
メリット:本革に比べると安価で色柄が豊富
デメリット:本革に比べて寿命が短い

 

感触や色合い、もちろんお値段も変わってきます。
それぞれのメリットとデメリットがありますので、ご自分のライフスタイルに合うのはどんな張り地なのかを選び方のポイントとして選んでみてください。

 

5.色

ソファを検討する上で、カラーは最も気になる選び方の要素ですよね。
カラーひとつで部屋、リビングの雰囲気もガラリと変わるものです。

実は、お部屋のカラーは面積の大きさによって色の構成要素が分けられています。

◆コントラストを強調する「アクセントカラー」
室内で最も小さい面積を占めているカラーです。
お部屋のコントラストを作る時などに利用します。
ベースカラー、アソートカラーの反対色から選ばれる事が多いです。

◆全体のコントラストを整える「アソートカラー」
カーテンや家具、家電など、ベースカラーの次に面積を占めているカラーです。
明るめのトーンから、暗めのトーンまで幅広く用いられています。

◆最も面積を広く占める「ベースカラー」
床や天井など、室内で最も広い面積を占めているカラーです。
主に白や、グレー、ベージュといった淡いトーンのカラーが多く用いられます。

 

【落ち着いた空間づくりをしたい場合】
天井か床の色に似たソファを配置すると落ち着いた空間が作りやすいです。
お部屋全体のトーンが統一されるので、落ち着いた印象になります。

【カラーを強調させた空間づくりをしたい場】
カラーを強調したいアイテム以外は床や壁に似たカラーを選んでレイアウトすると色同士がケンカせず、対象のアイテムをうまく強調できるでしょう。
ソファーを強調したい場合は、ソファを目立たせるために、他のアイテムの色は床や壁に似た色にしてみましょう。
きっとソファが主役の空間になります。

 

 

リビングはご家族で一番長い時間を過ごす場所です。
理想のソファで、快適なマイホームライフを過ごしてくださいね!

こんな家具を置こうと考えているけれど、サイズが心配、色が合うか心配…などご不安な点があれば、ぜひご相談ください!

 

 

~森住建の家づくり~
森住建の新築住宅について
施工事例
見学会・イベント情報

新築のご相談店舗
→岐阜市周辺にお住まいの方
森住建 おうちLABO 岐阜本店
→岐阜西濃地域周辺にお住まいの方
森住建 おうちLABO 池田店
→岐阜中濃地域周辺にお住まいの方
森住建 おうちLABO 関店

★森住建にお気軽にお問合せ下さい!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

森住建は岐阜県西濃地域での注文住宅着工棟数が10年連続No.1

私たち森住建は住宅設計・空間デザインから施工まで、お客さまの家族みんなが幸せに暮らせる住まいを実現する、お客さま第一主義の工務店です。

多くの人にとって一生に一度しかない家づくり。森住建は「愛する家族を、守る家。」をコンセプトに、全スタッフがお客様とFace to Faceのお付き合いで、人との繋がりを大切にした家づくりを行なっています。

森住建の住宅は、全棟長期優良住宅に対応しており、SE構法など耐震等級3の高い耐震性、高気密・高断熱な家づくりで愛する家族と住まいをお守りします。また、SE構法による大開口な住空間もお任せください。

岐阜県西濃地域で注文住宅・新築一戸建て・デザイン住宅をお考えの方は、森住建にお気軽にお問い合わせください。

施工エリア:揖斐郡、大垣市、安八郡、不破郡、養老郡、本巣市、本巣郡、瑞穂市、岐阜市、山県市、羽島市、羽島郡、海津市、各務原市、関市、可児市、美濃市、美濃加茂市

CONTACT

森住建の家づくりについて
お気軽にお問い合わせください

見学会・セミナーなどの最新情報や
施工事例を随時お届けします