【 多世帯それぞれのスタイルを大切にした、開放的なシェアハウス風の平屋】の施工実績をご紹介

0120-68-3149 0120-68-3149

暖森の家

多世帯それぞれのスタイルを大切にした、開放的なシェアハウス風の平屋

岐阜県関市 T様

多世帯それぞれのスタイルを大切にした、開放的なシェアハウス風の平屋

スーパーマーケットやドラッグストアにほど近い、暮らしやすい住宅街の一角。立ち並ぶ新築住宅の中でも、ひときわ目を引くのがこのT様邸です。

19m以上続くシックなブルーの壁に、片流れ屋根のおしゃれな平屋建ては、「何のお店?」「いつオープンするの?」と買い物帰りの人たちから尋ねられるほどスタイリッシュ。ご依頼人、ご親族、それに、二人のお子さんを持つご夫婦の3世帯6人が作り上げた、こだわりの住まいのカタチとは?
 
今回は、営業を担当した大角さんにご案内いただきました。

自営業のご依頼人、そしてそのご親族、さらに幼い子どもを持つ共働きのご夫婦。
プライバシーの確保が難しいとされる平屋で、生活スタイルの違う3世帯が幸せに暮らすには?
 
この難問に、営業の大角さん、コーディネイターの鷲見さんらが出した答えが、共用部分とプライベート空間をほどよく分けたシェアハウス風のプランでした。

「T様邸を設計する上で一番のポイントになったのが、各世帯のご希望をバランスよく家づくりに取り入れる点でした。きめ細かいヒアリングを行うため、世帯ごとに日時を別け、回数を重ねることで、それぞれの希望を叶えた住まいになりました。」と大角さん。
 
その工夫を、詳しく見ていきましょう。

東西に長い角地の利点を生かし、駐車場を東側に4台分、北西角に1台分を確保しました。
 
東駐車場は白いコンクリートと砂利を敷き、枕木風の車止めがアクセントになっています。玄関の目の前にあり、軒先が長くなっているので、雨の日の買い出しやお子様を連れての乗り降りにも安心です。

一番北の駐車スペースは、ご親族の部屋の正面に設計しました。重い物やかさばる買い物なども広い掃き出し窓越しに駐車場から部屋に直接運べます。スロープを設置すれば車いすでの移動にも対応できます。

北西角のビルドインガレージには、ご依頼人の部屋に直行できる専用玄関があります。
動物好きのご依頼人が、ペットと一緒にお出かけしたり、雨の日に買い物に出かけるときなどにとても便利です。ガレージ内には広い収納庫があり、ペットのアイテムやスペアタイヤ、アウトドアグッズなどの収納もラクラク。
 
生活時間帯が違っても気兼ねなく車で出入りできる、平屋のよさを生かしたパーキング設計です。

東駐車場の角には、シンボルツリーのシマトネリコを中心にしたコンパクトな植栽をデザインしました。最小限のお手入れで家を引き立たせるガーデンデザインは、それぞれが仕事を持ち、子育て真っ最中というT様ご一家にぴったりです。

シックなブルー×ブラウンのカラーリングがナチュラルモダンな印象。
このブルーは、ご依頼人のお気に入りのカラーなのだそう。
 
木目調の玄関扉に、ブラックアイアンのモチーフとランプ風ライトがアクセント。軒下には天然木のレッドシダーを配し、さらに奥行きを感じさせるデザインに仕上げました。ナチュラルな中にも高級感のある家の顔にふさわしいたたずまいです。

玄関を開けると、そこはホワイトとベージュで統一された玄関ホール。
右手の木目調の引戸を開けると、奥には両サイドをすべてオープンシェルフにしたプライベートエントランスがあり、靴や傘はもちろん、ベビーカーや外遊びの道具、三輪車などキッズアイテムもたっぷりと収納できます。
東面に縦長の明り取り窓を設置し、引戸を閉めても明るさをキープ。通風採光に優れ、気になる湿気やにおい対策も万全です。

玄関ホール正面には、ハイドアタイプの釣り引戸を設置しました。
床から浮かせてあるため、レールなどが必要なく、フルフラットな床面を実現しています。専用の引戸ストッパーがあり、小さなお子様にも安心です。

引戸の向こうには、白で統一された明るく開放的なLDKが広がります。
天井には、レッドシダーを配した間接照明付きの二重天井をデザインしました。玄関からの一体感を表現することで、さらに奥行き深く感じさせてくれます。

大きな窓から続くテラスは、道路から見えない完全プライベート空間。
3本の木を配し、そこから差し込む光や風を、周りの視線を気にすることなく取り込むことができます。深い軒が程よい影を作ってくれるので、BBQや水遊びなども思いっきり楽しめそう。

LDKは家族が集う場所だけに、あえて収納を作らず、個人のモノを持ち込まないよう工夫をしました。最小限の片付けで、いつでもすっきりとした快適な空間を維持できます。

ナチュラルウッドのダイニングテーブルをやさしく照らすブルー、ホワイト、ピンクのライトは、ご依頼人こだわりの海外製。
キッチン背面のおしゃれなタイルが目を引きますが、これもご依頼人ご希望の特注品。最初のプランではタイル張りの壁でしたが、ご依頼人のご希望により、途中で壁部分をカップボードに変更し、タイル仕上げにしたとか。

図面やデータで満足していても、実際に建て始めてみると「ああすればよかった」「こうしたほうがいいかも」という気持ちが出てくるもの。
初めての家づくりならなおさらです。
 
こんな、建築途中でのニーズの変化にも、臨機応変に対応できるのは、相談しやすい担当さん、そして高い技術力・対応力を誇るマイスター集団を擁した森住建ならではの強みと言えます。

リビング右手奥には、約2帖のモダンな畳スペースを設置しました。
お仏壇の隣には、縦長の収納スペースを設け、座布団などもすっきり収納できます。左手壁を利用した浅めの棚も季節の小物を飾ったり便利に使えます。僧侶をお招きしての法事法要などに、T様ご一家のお父様が車いすで帰宅した際にも、家族みんなで集まれるよう設計しました。

畳スペースはもちろん、バスルーム以外はフルフラット仕様で、赤ちゃんから年配の方まで安心。ほとんどの床掃除をロボット掃除機に任せられ、ご多忙なご一家にぴったりです。

LDKの西隣に、バスルームとランドリースペースを設置しました。
 
注目は、オーダーメイドのバスルーム。
広い浴室を大理石調のタイルで仕上げたホテルライクな空間となっています。ゆったり手足を伸ばせる広いバスタブに、外を眺めることができる横長の窓もプラスしました。
 
お仕事の疲れをゆっくりと癒したり、家族みんなでにぎやかに入浴したり、思い思いのスタイルでバスタイムが楽しめます。デザインはもちろん、機能性も重視しました。換気・暖房・乾燥完備で、カビ対策から洗濯物干しまで大活躍してくれます。

ランドリースペースには2台の洗濯機が設置可能。子供たちの大量の洗濯物から、シーツなどの大物、デリケートな衣類まで、毎日欠かせない洗濯を効率的に行えます。
 洗濯機横に鍵付きの扉を設け、外のテラスに数歩で出られるようにしました。天気の良い時には、最短の動線で気持ちよく外干しができます。
 
バスルーム前には室内用物干し竿ホスクリーンを設置しました。外扉を全面網戸にし、バスルームの窓を開けておけば、風が通って気持ちよく乾きます。夜間や悪天候の時には、バスルームの扉を開け、バスルームの乾燥機能をオンにしておくのがおすすめです。

ランドリールーム左手にはタイル柄がおしゃれな洗面台があり、右手壁面全面に引戸付きの大容量シェルフを設計しました。
入浴・洗濯・乾燥・収納が一か所で完結でき、仕事と家事の両立をスマートにサポートします。
 
バス・ランドリースペースの手前には、扉付きの収納をご用意しました。季節の道具や家電など、かさばるものもすっきりと収納できます。

家の西側は、ビルドインガレージを備えたご依頼人のスペース。ビルドインガレージ直通の専用玄関の南側には、広いウォークインクローゼットを備えた居住スペースになっています。

ウォークインクローゼットには、ブルーの壁紙にシャンデリア風の黒いライトを配しました。
ご依頼人の衣類等がきちんと収納できるよう、お持ちのアイテムの量やサイズを計算した上で設計してあり、機能性も抜群。
 
見せてもおしゃれなクローゼットですが、扉を閉めれば、よりすっきりとした印象になります。個性的なアイテムが不思議と一つにまとまり、上質なくつろぎ空間となりました。

お部屋の南側にあるテラスは、ご依頼人のペットのための空間。
専用の洗濯機とスタイリッシュな水場を備え、光と風を感じながら、かわいいペットたちがのびのびと遊ぶ様子を眺めることができます。

お部屋隣のトイレにも、ご依頼人チョイスのピンクの花模様の壁紙をあしらいモダンで印象的な仕上がりに。
すみずみまでご依頼人のお好みを実現した、注文住宅ならではの仕上がりとなっています。

家の北東は、東駐車場に面したご親族のお部屋。
南側一面に設けたオープンシェルフ、西面のオープンクローゼットまで白で統一し、まるでセレクトショップのようなおしゃれな空間になっています。

お部屋の入口近くに洗面台とトイレがあるのも便利です。

家の東南は、かわいい二人の男の子がいるご夫婦のスペース。
玄関に近く、部屋の南窓と西窓どちらからもテラスに出ることができ、外遊びや水遊びなどにも便利です。

お部屋の北側には白と黒でモダンにまとめた大容量のウォークインクローゼットがあり、ご夫婦のアイテムがすっきりと収納できます。

二人のお子さんの成長に備え、家の北側の畳スペースを挟んで、同じ仕様の子供部屋を二つご用意しました。
おそろいの星のカーテンと扉付きのクローゼットがあり、成長に合わせて、おもちゃや学用品などを自分で片づけられるようになっています。

今回、ご案内いただいている大角さんは、入社以来、6年の間に50軒以上の住まいづくりを担当してきたそう。
 
「お断りすることもあるんです。お客様のお話、ご年齢や土地の有無、さまざまな状況をお伺いした上で、『今は時期ではないのでは?』『新築戸建以上に、よりよい形があるのでは?』と感じた時には、そう伝えさせていただきます。」と振り返ります。

「うちにご依頼いただいたからには、とにかく、家づくりを楽しんでほしい。新しい住まいで、もっと幸せになっていただきたい。森住建の人間は、みんなそう考えています。家づくりで大げんかになったり、新しい家を建てたことで、キツい思いをしていただきたくないんです。」と大角さん。

例えば、お客様に資金面で不安があれば、担当銀行に直接出向き、支店長に膝談判で住宅ローンの相談をする。
 
男手が必要であれば、担当の大角さん、関店のみなさんだけでなく、森住建が誇る職人集団・クレドマイスターさんたちも喜んで手を貸す。T様邸のリビングのセンターに置かれたナチュラルなテーブルセットも、運搬や組み立てまで、大角さん、現場監督の福田さん、松尾さんら、みなさんでやられたそう。

「お客様の幸せを一番に考えます。」
「私たちの仕事はお客様にとって特別な出来事であることを意識します。」
「常にお客様の立場になって、考え行動します。」
「『出来るか、出来ないか』ではなく、『出来るとしたら何をするか』を考えます。
 
こうした森住建の行動指針をひとつひとつ、実直なまでに積み重ねた結果が、家という財産を作り上げていくのです。

最初に森住建を訪れてから新居ご完成まで3年。時間をかけ、住宅メーカーや工務店など、たくさんの企業を調べたT様が、最終的に森住建を選んだ理由を伺ってみると、
「さまざまな家の資料を見ていて、『あ、これがいい!』『この感じが好き』と感じたものの多くが、森住建の建てた家だったそうです。また、森住建の企業理念にも、とても共感していらっしゃいました。」と大角さん。

森住建の企業理念をまとめた「クレドカード」の冒頭には、こんなことが書かれています。
「日本で一番の『安心する家創り』を提供し、お客様からの『ありがとう』が集まる企業になる」
「住まいの事で不安を抱えているお客様や決断できずにいるお客様に対して、私達と出会うことによって、家族の為の最善の住まいかたを共に見つけていく存在である」…

ご依頼人もご親族も事業を営まれている方々だからこそ、こうした企業としての姿勢にも強く共感されたのでしょう。
4代続く大工である森浩幸社長が立ち上げた地域密着型工務店・森住建の理念を実現させる力は、「お客様の為に」という思いを一つにした一人一人の思いと確かな技術にあるのかもしれません。

赤ちゃんのいる今はもちろん、車いすのお父様が来た時にも安心して過ごせる住まい。数年後、子供たちが大きくなった時も、成長した後まで。親しさの中にも、ほどよい距離感を保ちつつ、家族それぞれの将来をゆるやかに包み込む、明るく開放的な住まい。完成した新居を見たT様ご一家、それぞれの方々からいただいた
 
「思った以上に広くて、明るい家になりました。」「一生、安心して過ごせます。」「森住建さんに相談して、思い切って建ててよかった。」という言葉と笑顔が、何よりの証拠になりそうです。