【 コロナ対策としてできること~換気を効率よく行うためのポイント3選~】のブログ記事

0120-68-3149 0120-68-3149

スタッフブログ

2021.04.08

コロナ対策としてできること~換気を効率よく行うためのポイント3選~

こんにちは、森住建 設計事業部の小塚です。
コロナ禍の今、対策として「換気」が重要なキーワードになっています。

それでは、どのような窓の開け方・換気方法をすれば効率よく換気ができるのでしょうか?
今回は「効率的な換気方法」についてご紹介したいと思います!

 

①風の「入口」「出口」を作る
窓を開けて換気するときのポイントは、1カ所だけでなく2カ所の窓を開けることです!
換気をする際には1か所の窓を開けても効果はありますが、空気の流れを作るためにお部屋の中に複数窓がある場合には2方向の窓を開けましょう。
特に対角の窓を開けると空気が循環しやすくなります。
空気の通り道を作ることで、効率的にお部屋の空気を入れ替えることができます。

窓が1か所しかない場合は、お部屋の扉を開けるのも効果があります。
扉を開けることで、窓と扉の間に空気が流れます。
また、扉を開ける以外にも扇風機サーキュレーターを窓の外側に向けて使用することで、室内の汚れた空気が外に排出されやすくなります。
窓が1か所しかない場合はこういった家電を利用するのも一つです。

 

②「たてすべり出し窓」で壁に沿って流れる風をキャッチ!
引き違い窓は正面からの風は入りますが、横風は入りにくい形状になっています。
壁に沿って流れる横風を効率的に室内に入れるには、「たてすべり出し窓」が有効的です!

 

③重力換気を行う
「重力換気(温度差換気)」とは、暖かい空気は上に向かう現象を利用して行う換気です。
家の中に低い窓と高い窓を取り付けると、低い窓から入った冷たい空気があたたまりながら上にのぼっていき、高い窓から外に出て行くという空気の流れができ、室内で風が生まれます。
風の入口を低い位置に、出口を高い位置にすると換気効果がより高まります。
特に室温が外気温に比べて暖かい場合に起こりやすい現象です。
夏の夜間などは、防犯上の心配がない場合は、高所窓を開けておくと効果的です。

 

以上のことを意識して、お部屋の空気を入れ替えてみてください♪
新鮮な空気を取り入れることで、リフレッシュすることもできます!
コロナに負けずに健康第一で過ごしたいですね!

森住建では、実際に窓の開け閉めやサイズを体感していただける「サッシコーナー」があります!

コロナ対策万全で打合せをさせていただきますので、お気軽にご相談くださいね(^^♪

 

 

~森住建の家づくり~
森住建の新築住宅について
施工事例
見学会・イベント情報

◎新築のご相談店舗
→岐阜市周辺にお住まいの方
森住建 おうちLABO 岐阜本店
→岐阜西濃地域周辺にお住まいの方
森住建 おうちLABO 池田店
→岐阜中濃地域周辺にお住まいの方
森住建 おうちLABO 関店

★森住建にお気軽にお問合せ下さい!