【 【第五回】住宅を建てる前に絶対知ってほしいこと〜住宅ローンについて〜】のブログ記事

0120-45-3149 0120-45-3149

スタッフブログ

2011.03.08

【第五回】住宅を建てる前に絶対知ってほしいこと〜住宅ローンについて〜

いよいよ最終回の5回目になります。

今回は、話を住宅に戻して、
年返済比率内であればどんなローンを組んでも良いのかについてお伝えします。

【住宅ローンについて
住宅ローンの種類はどれくらいあると思いますか?
な、な、なんと・・・4800種類と言われています。
4800種類もあると1日10個づつ勉強しても1年以上かかる・・・
何とも気の遠くなる勉強です。  

しかし、4800種類も大きく分けると二つに分けられ、
以下に簡単にお伝えします。

①変動金利型
今日借りたら最後までいくら返すことになるか分からない、
誰にも予測も想像も出来ないもの。

②固定金利型
今日借りたら返し終わるまで、
返済条件が絶対に変わらないもの。
途中で金利が変わることなく、最後の最後まで支払金額が分かっているもの。

まずは変動金利型と固定金利型のどちらを選ぶのか、何が基準で選ぶのか?

それは、金利が今どんな状態にあるのか、
そしてこれから金利が上向きなのか下向きなのか?が判断基準となります。
変動金利で借りていい時期と固定で借りた方がいい時期があります、
それを見極めるのは簡単なことでは ありませんが、
結論からいえばいかに低い金利の固定金利で
住宅ローンをゲットできるかどうかがカギを握ります。

今回で全5回となる“住宅ローンコラム”いかがでしたか?
住宅ローンは簡単そうでとても奥の深いものです、
皆さんは家については随分と勉強をするのに
住宅ローンの勉強をあまりされていない方がとても多いのが残念です。

実は住宅ローンというのは自分が借りたい、だから借りれるとは限りません。
それは銀行の審査があるからです。
家の計画を進めていって、もし借りれなかったら、
また思うような金額が借りれなかったらショックですよね。
細かな計画をする前に自分が借りられる人なのか、
借りるとしたらいくらまで借りれるのかを事前に調べておくことをお勧めします。

(これを与信を受けると言います)
それから家作りは始まるのです。
是非悔いの残らないマイホームを手に入れて下さい。

~ あなたと、あなたの大切なひとたちに
しあわせが訪れますように心から祈っています。~

  • PREV

    収納について第1回

    収納について第1回

  • 一覧に戻る
  • 2-② 疾患による特徴と住宅改修 【脳血管障害の方の住宅改修】

    2-② 疾患による特徴と住宅改修 【脳血管障害の方の住宅改修】

    NEXT

  • 一覧に戻る