【 3‐③ 住宅改修のこんなこと知っていた方がいいですよ! 【手すりの取り付け編】】のブログ記事

0120-68-3149 0120-68-3149

スタッフブログ

2011.05.20

3‐③ 住宅改修のこんなこと知っていた方がいいですよ! 【手すりの取り付け編】

~手すりの取りつけ編~

【手すりの取りつけ編】

~手すりと開口部~

廊下に連続した手すりをつけたいのだけど、途中にドアがある場合、どうしたらいいのだろうと思う時があります。 

では、どうしたらいいのでしょうか?

『3つの手があります』

3つの手をお伝えする前に…、

木製の手すりの場合、直径が32㎜のものは、受け金物の間隔は60㎝までにしないといけません。

直径35㎜のものなら、受け金物の間隔を90㎝まで開けることができます。

 

では、『3つの手をお伝えします』

①例えば、縁側で、外に面した側が掃出し窓、お部屋側は引違いの障子という場合があります。

 ご家族と相談の上ですが、縁側から外へ出ることよりも、手すりを優先させる必要がある場合は、

 建具と建具の間に間柱を立てると、連続手すりをつけることができます。  

②跳ね上げ式手すりという物があります。部屋への出入りを妨げる箇所に、ちょうど踏切の遮断機のように

 通る時は上げて、通らない時は下げておくという手すりです。上げた時も、下げた時も、

 ロックを掛けるようになっているので、忘れないようにしましょう。

③途中に、出窓がある場合は、床から75㎝~90㎝ほどの支柱を立てて、手すりを受けて取り付けるという方法があります。

 支柱の高さは、手すりの高さによって調整します。

 

せっかく手すりを取り付けても、連続していないとそこで立ち往生してしまったり、

かえって転倒の危険性が高くなるような方では、

あきらめずに、上記の方法も検討してみましょう。

 

  • PREV

    【第二原則】〜第二原則〜 同居のパターンを理解する事  [続き]

    【第二原則】〜第二原則〜 同居のパターンを理解する事 [続き]

  • 一覧に戻る
  • 収納について第4回

    収納について第4回

    NEXT

  • 一覧に戻る