【 2-① 疾患による特徴と住宅改修 【パーキンソン病の方の住宅改修】】のブログ記事

0120-45-3149 0120-45-3149

スタッフブログ

2011.02.15

2-① 疾患による特徴と住宅改修 【パーキンソン病の方の住宅改修】

 2-① 疾患による特徴と住宅改修 【パーキンソン病とは】

 脳が出す運動の指令が筋肉にうまく伝わらす、なめらかな動作ができなくなってしまう病気です。

 主な症状は、「手足が震える(振戦)」「筋肉がこわばる(筋固縮)」「動きが遅い(無動)」「バランスが取りづらい(姿勢反射障響)」の4つですが、これらの症状が全ての患者さんにみられるわけではなく、病気の程度によっても変わってきます。

  50~60歳代で発症することが多く、ゆっくりと進行します。日本人の約1,000人に1人がこの病気にかかると考えられており、高齢者に多い病気ですが、若い人でも発症することがあります。

 現在ではさまざまな薬があり、症状もかなり改善が期待されます。

 

 【パーキンソン病が進行すると】

 1.自分の意思通りスムーズに足を運ぶことが難しくなってきます。

  目標地点に近づくほど、又足を踏み出そうとするほど、かえって足がもつれて転倒しやすいです。

  手すり等につかまって転倒予防できる生活環境にしましょう。

 

2.ドアノブを開ける動作は、かなり複雑です。

  「後ろに下がりながら、滑りやすいドアノブをしっかり握って回す」動作は、握力も落ちてきて、さらに後ろに下がる足の動きが不安定になって    いるパーキンソン病の方には、「こわい」のです。

 

3.足の筋力が弱るため、トイレの便座からの立ち上がりが難しくなります。

  前かがみになって、体重移動をし、前壁につけた横型の手すりにつかまると、比較的楽に立ち上がることができます。

  家族の方の腰を痛めることも防いでくれます。

  • PREV

    家は一生の買物。後悔しない住宅会社選びの2つのチェックポイント

    家は一生の買物。後悔しない住宅会社選びの2つのチェックポイント

  • 一覧に戻る
  • 耐震について 【第1回】まず建築年数を確認しよう。

    耐震について 【第1回】まず建築年数を確認しよう。

    NEXT

  • 一覧に戻る