【 収納について第4回】のブログ記事

0120-68-3149 0120-68-3149

スタッフブログ

2011.05.26

収納について第4回

今回で最後になります。「安心・安全に配慮した収納」というテーマでお話します。

すでに何回もお話ししていますが通り、収納というのは、ただ量があれば良い、というものでもございません。

“質”という観点から考えると安全面も配慮しておきたいところです。

家具が多くなると倒壊の危険が考えられるので、備え付けの収納にする。という事です。ものが整理されず溢れていると災害時に危険だと思うので、整理整頓できる収納が必要です。

やはり、皆様、地震などの災害時に備えて安全面も配慮しておきたいですね。

東北・関東大震災でも、家具の倒壊により逃げ遅れた方も多数見えているようです。

また、阪神・淡路大震災の時の死因要因は「窒息・圧死」が一番多かったそうです。また、けがをされた方の原因は1位が「家具の転倒・落下」です。

皆様、安心・安全は大事だと仰るのですが、では実際、現在のお住まいは災害対策が出来ていますか?つまり安全を意識した収納になっているかです。

現在持っている家具なども、部屋に置いておくのではなく、ウォークインクローゼットや納戸に入れておくことでも、転倒などのご心配をさけることが出来ます。

また、安心・安全という面では床下収納や畳下の収納なども安心です。

このように「安心・安全に配慮した収納」ついてもぜひ考えてみてください。

  • PREV

    3‐③ 住宅改修のこんなこと知っていた方がいいですよ! 【手すりの取り付け編】

    3‐③ 住宅改修のこんなこと知っていた方がいいですよ! 【手すりの取り付け編】

  • 一覧に戻る
  • 愛犬家住宅第2回~愛犬を家族にするためには...~

    愛犬家住宅第2回~愛犬を家族にするためには...~

    NEXT

  • 一覧に戻る