岐阜の森住建では、お客様が後悔しないように住宅とお金に関するお話しをしっかりしていきます。

logo headR contact

森住建ではお客様が後悔しないように、住宅とお金に関するお話しをしっかりしていきます。

家づくりを考える時に一番大切なのは

家づくりの総額=建物+土地+諸費用

営業マン
「お家を建てるときのご予算はおいくらですか?」
Aさん
「3000万くらいです。」
営業マン
「内訳はどのようにお考えですか?」
営業マン
「建物に2,200万、土地に800万くらいで考えています。」

見学会に来場して頂きお話を聞くと、多くの方はAさんのように家づくりの総額の内訳を
建物と土地の費用のみ、諸費用がかかっても100万くらいだろうと考えています。
諸費用はどこの住宅会社で建ててもかかる費用ですが、
仮にAさんの諸費用が300万かかった場合は下の2通りになります。

建物・土地以外にかかるお金を把握することが大切です

家づくりは大変なことです。ほとんどの方が住宅ローンを利用しますが、その住宅ローンの事を知らずに借りるのと、知ってから借りるのでは今後の長い返済でかなり変わってきます。住宅を計画するのに不可欠な住宅ローンのお話、「借りれる金額」ではなく「返せる金額」で計画しないと大変なことになってしまいます。
当社では、資金計画をおすすめします。
お子様が何年後に高校に進学し、そして大学に進学する時期や車の買い替えはいつするか?
などのローンシミュレーションを交え、毎月1度、ファイナンシャルプランナーの先生をお招きしてセミナーを行っておりますのでぜひご参加ください。

家づくりの「お金」基礎知識

  • 家ってどれくらいお金がかかるの?
    『買って後悔しない』ためにも、本当のお家の値段を知る必要があります。土地から買う場合、土地の値段と建物の値段だけだとお思いの方がほとんど。実際はもう1つ、お家を建てるに当たり、どこの会社でも掛かる『諸費用』というものがあります。気を付けて頂きたいのは、本体工事のみの計画で、あとから諸費用がなかった!となると、建物を削らないといけなくなります。初めから、きちんと予算に入れ込んでおきましょう。
    CATEGORY TOP
  • 家賃でやっていけるの?
    『月々の支払いが、家賃と一緒だから大丈夫と安心される方が多々いらっしゃいます。
    しかし、住宅ローンと家賃を一緒のものと考えると危険です。家賃は一定ですが、住宅ローンは一定とは限りません。例えば、月々8万7千円の住宅ローンを払っていた方がいらっしゃいました。家賃と同じだから大丈夫と住宅営業に言われ、その通りにしたとのことです。3年固定でしたので、3年後、支払額が9万6千円になりました。1万円近く支払いが増えましたよね。
    ですから、『家賃と一緒だから大丈夫』と安易に考え、ローンを組んではいけません。きちんと、人生設計を行い自分にあった資金計画を行ってください。
    定年後、その返済で生活していけますか?35年後、その返済で大丈夫ですか?
    CATEGORY TOP
  • 借りられる額がいくらかわからない。
    『借りられる額』ではなく『返せる額』で考えましょう。『借りられる額』で借りてしまうと、あくまで年収などの数値的要因から金額を算出しています。その金額には生活面については考えられていません。せっかくの新居での生活が苦しくなってしまうこともあるのです。日本ではローン破産をしている方は約10%もいらっしゃいます。
    きちんと将来を考え、車をいつ買い替えるのか、お子様は1人なのか2人なのか、大学に行くのか、奥様は将来働くのか、しっかりと『ライフプラン』を立てて、無理なく返せる金額を出していましょう。
    CATEGORY TOP
  • どの金利がいいの?
    『どの金利がいい』というのは、お客様によって違います。金利には『変動金利』と『固定金利』があります。『変動金利』は半年ずつ金利が変化し、またよく知られている『3年・5年・10年固定』というのは『固定期間選択型変動金利』といい、その期間後、その時の金利に変わります。『固定金利』で有名なものは『フラット35』ですね。契約した時の金利が35年間続きます。『35年間固定金利』の場合、金利は少し高いですが35年間返済額が変わることはありません。計画はとても立てやすいですね。ライフプランを立てる際、固定金利で立てると良いです。例えば3000万の借入をしようとシュミレーションして、月々の返済額が高くなる固定金利で返せないのであれば、それは3000万借りてはいけない、ということになります。
    必ず、月々の返済額ではなく、総額で考えていきましょう。
    CATEGORY TOP
  • お金を貯めてからにしようかと思っているのですが。
    お金を貯めてから住宅ローンを組んでお家を建てると、損をする場合もあります。
    例えば頑張って1年間100万円貯めたとしましょう。それで2500万の借入をしました。その期間に金利が1%上がっていました。2500万借入をした場合、金利が1%上がると約560万も総返済額が上がります。せっかく頭金を増やして借入を減らしたにも関わらず、結果的には損をしている状態ですよね。借り方によって、同じ金額を借りていても、借り方によって総返済額が大きく変わります。世の中でお家が一番の買い物ではありません。
    住宅ローンが一番高い買い物なのです。
    CATEGORY TOP
  • 自己資金はいくらぐらい準備すれば良いですか?

    住宅ローンで借入可能なのは、購入価格や建設費の80%までが一般的です。
    そのため、住宅購入の20%程度は自己資金として用意しておく必要があります。

    CATEGORY TOP
  • 自己資金が足りないときはどうしたら良いですか?

    ➀ 親からの援助
    親・祖父母からの援助資金でもその額が1年間に110万円を超えると
    贈与税が課税されます。
    ただし次の制度を利用した場合は非課税で贈与をしてもらうことが出来ます。

    ■平成26年度中の贈与

    省エネ・耐震住宅を取得:1000万
    省エネ・耐震住宅以外の取得:500万
    *相続時精算課税制度を活用すると、親から子への贈与累計額で2500万までは贈与税が
    非課税になります。尚、この制度を使って贈与された額は相続時に相続税に加算されます。

    ➁ 親からの借入れ
    資金援助ではなく、親から借金をする方法です。税務署に贈与とみなされないように、きちんと契約書作成して、銀行振り込みなどで返済実績を残すなどの注意をしておけば問題はありません。

    CATEGORY TOP
  • 土地・建物以外にかかる諸費用って何があるの?

    住宅購入資金には、土地と建物の購入価格の他に「諸費用」が発生します。
    「諸費用」には住宅購入や建築の際に必要な税金や各種手数料が含まれます。また地鎮祭や引越しの費用、さらにご近所さんの挨拶まわりなどもふまえると「諸費用」は購入価格の10%程度が目安です。

    ■印紙税と仲介手数料

    印紙税

    契約の際は「売買契約書」「工事請負契約書」を作成し、
    その契約書に印紙を貼付します。
    その印紙の購入に必要なのが印紙税です。印紙税は契約書の記載金額で決まります。

    仲介手数料

    不動産業者に支払う手数料が仲介手数料です。
    仲介手数料の金額は【物件価格(税抜)×3%+6万円】×消費税で計算します。

    ■印紙税と仲介手数料

    住宅を購入したら不動産登記をおこないます。登記とは、土地や建物の所有者が住所・氏名を登記簿に記載する手続きです。登記をしないと第3者にその不動産の所有権を主張することができません。この不動産の所有権の登記にかかる税金が登録免許税です。戸建住宅の場合は、次の登記が必要になります。

    CATEGORY TOP

次回の家づくりとお金のセミナーを調べる

btn_bottom

btn_toppage

CopyRight© 株式会社森住建 All Right Reserved. 岐阜の新築一戸建て注文住宅は森住建